学生留学

MENU

大学留学の大きなメリット

最近は留学もすごく身近なものになっていますね。

 

以前は、限られた一部の人だけが留学する時代もありましたが、
最近はそんなこともなく多くの人が、海外留学をしている時代です。
 

 

特に学生の留学も増えていて、
大学などでも積極的に海外留学を推奨している学校もあります。
留学が必須になっている大学もありますね。

 

海外に留学するためには、休学して卒業を送らせなければならなかった頃とは違って
とても手軽に留学することができます。
社会に出る前の学生のうちに、
日本を飛び出して世界を体験できるということはとてもよいことで、メリットも沢山あります。
今回は、大学在学中に留学するメリットの中で大きなものを2つお伝えします。

 

留学のメリットはたくさんありますが、
語学力の向上はその中でも大きいもののひとつですね。
もちろん、日本にいても語学の勉強はできますが、
実際にその国に行って生の言葉を体験することには敵わないですね。

 

やはり、学校や語学スクールでは正しい言葉を伝えることが重視されていて、
普段の友達同志の会話で使うくだけた言葉などはなかなか習うことができないですが、
現地へ行けばそういった言葉にも沢山触れることができます。

 

また、普段であれば語学学習を後回しにしてしまって、なかなかできないような人も、
現地ではわからないながらも話さないといけなくなるので、
上達のスピードはすごく早くなります。
そして、なによりその言葉を使うことで多くの人とコミュニケーションができる体験をすることで、
帰国後の語学学習のモチベーションになります。
留学をきっかけに、その国の言葉を深く勉強し始める人も多いですね。

 

そして、もうひとつ大きなメリットが、異文化に触れることです。
日本では地域によって多少の文化の差はありますが、
言葉も同じですし似た文化を持つ人が多くいる国です。
常識が全く違う人と出会う機会がなかなかありませんよね。
そうすると、視野がどうしてもせまくなってしまいがちです。

 

でも、世界にはいろんな国があります。
同じ国の中でもいくつかの言語が飛び交う国もありますし、
日本のように時間通りにバスや電車が全然来ない国もあります。

 

こんな大きなくくりではなくても、ちょっとした事で日本と同じことをしたつもりで、
相手に全く逆の意味にとられてしまうなんてことも沢山あります。
そういった、文化の中で生活することで、
世界は広いこと、様々な文化や価値観があることを肌で体感することができます。
このように、異文化の体験を社会に出る前にできることはとても貴重な体験ですね。

 

大学の学生時代に留学するメリットはたくさんあります。
その中でも、語学習得と異文化体験は大きなメリットです。
勇気をだして、国内から一歩踏み出してみると様々なことを得て、学ぶことができます。

 

もちろん、楽しいことばかりではありません。
大変なこともありますが、それも含めて社会に出てからきっと役に立つと思います。
チャンスがあれば、短期間でもいいので是非、海外を体験してはいかがでしょうか。
"

学生留学で語学力をアップするために

学校に在学しながら留学する人が増えています。
短期から、長くても1年程度で、学校を休学せずに海外体験ができるということで、
留学を選ぶ人も増えています。

 

在学しながらの留学のメリットはたくさんあるものの、
戻る学校があるために限られた時間になってしまうというのが問題点でもあります。
現地の学校にそのまま入学して、卒業する人たちよりも、短い分、
しっかり意識を持って留学することで、留学の体験をより実りあるものにできます。

 

ここでは特に、言葉の習得という面でより成果をだして、
話せるようになって帰ってくるためのコツ、心得をお伝えします。

 

海外に行って、現地で生活をすれば、
言葉は自然に話せるようになると思ってしまう人が多くいますが、実はそうではありません。
実は、何十年も現地にいて言葉が話せないという人はざらにいます。

 

もちろん、簡単な日々使う単語や、表面的な簡単な会話くらいを
理解できるようになるのは難しいことではありません。
すごく短期の場合、それだけでいいという人もいると思いますが、
ここではある程度の語学力習得を目指して留学される場合に絞ってお伝えします。

 

1年未満というごく短い時間で語学をしっかり習得するためには事前の準備が大切です。
ある程度得意という人は別として、
語学に自身がない人は最低限の基礎のおさらいはしておいたほうがいいです。

 

英語であれば、中学レベルの英語をもう一度おさらいしてみましょう。
「中学レベルなんて」と思うかもしれませんが、
基本的な会話は中学レベルとその応用のバリエーションでできるんですね。
ほとんど英語が話せないという人は、中学の内容を忘れてしまっている可能性が高いです。
留学までに、そのレベルはおさらいしておきましょう。

 

留学が始まってからも語学を短期間で効果的に習得するためには努力が必要です。
まずは、現地のお友達をつくって、積極的に話すことです。
すごく、当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、
語学が得意じゃないと、自分から声をかけるのに勇気がいるものです。
でも、現地の人からしか学べない言葉も沢山ありますし、
間違ってもいいので、たくさん話すとどんどん語学力が上がっていきます。
お友達をつくるだけじゃなく、現地でしかできない体験もどんどんすることも大切ですね。

 

わからないことは、積極的に聞くということも大切です。
授業でも友達同士の会話でも、日々知らないことがたくさん出てきます。
そういう時は、語学力を上げるチャンスなんです。
勇気を出して聞いた分だけ、語学力はどんどん上がっていきます。

 

在学中に留学する学生留学は特に時間が限られています。
日々、できるだけ言葉を使う、わからないことはそのままにしないで聞くようにするという
すごく当たり前のことですが、毎日着実にこれらを心がけて留学生活を送るだけで、
なんとなく過ごした場合とまったく違う結果が出ます。

 

折角の留学ですから、言葉もしっかり学んで帰ってきたいですね。

 

こちらのアルファ留学アカデミーでは高校留学を積極的に支援してくれます。

更新履歴